NILA
旅行季節:
一年中
旅行期間:
4 時間
専用車:
専用車付
同行ガイド:
ガイド付
食事:
昼食無
博物館:
郷土博物館の入館料付
excursion map

ユジノサハリンスク市はサハリン州の州都です。1882年にウラジミロフカ村として設立されました。日本統治時代の豊原にあたります。第2次世界大戦後にユジノサハリンすくに改名されました。
ユジノサハリンスク市の歴史や時代の流れが都市の外見に影響を及ぼしました。

人数 総コスト(RUB) 1人当たりのコスト(RUB)
1名 19900  
2名 20300 10150
3名 23550 7850
4名 24000 6000
5名 28650 5730

日本語ガイド、車の手配料金、郷土博物館の入場料が見積に含まれています。

観光地:

  • レーニン広場

ソ連時代のシンボルとなるレーニンの像が立つ中央広場です。

  • 勝利広場・キリスト生誕大聖堂

広場と聖堂は一つのアンサンブルとなり、ユジノサハリンスク内の重要なとことの一つです。

  • 名誉広場

1975年に第2次世界大戦の戦没者を記念するために創出されました。広場には永遠の炎が燃えています。日本統治時代は樺太神社がここに位置しました。

  • ガガーリン公園

公園は1906年に設立され、現在、市民の中で最も人気で好きな場所です。

  • 州立郷土博物館

帝冠様式の建物で1937年に開館されました。博物館にはサハリンの原住民であるアイヌ、ウイルタ、ニブヒの古代の文化にかかわる展示物などが集められています。

  • チェーホフの「サハリン島」文学博物館

チェーホフの名前はサハリン島と強い関わりがあります。チェーホフは囚人の厳しい生活状況を公開しました。文学博物館にはチェーホフが実際に所有していた物が展示されています。

追加でできるオプション(別料金がかかります):

  • 昼食(ロシア料理)
  • サハリン州立美術館
  • 自由市場「ウスペフ」
  • 「山の空気」スキー場の展望台